06.タイヤとかブレーキとか

空気圧について

クーラーが使えるようになったので、
久しぶりに暑い東京を離れ、
ビートルで遠出してきました。

目的地は木曽です。
下の写真は八ヶ岳のインターだったかな。
高速に乗るのはいつ以来でしょうかね。

登坂車線で苦しむビートルを同じアーモンドグリーンの
(クラシック)ミニが抜いていきました。
ミニの助手席の女性がこっちを見ておじぎしてくれました。
こういうのは嬉しいですね。

Cimg7870

空気圧の話を少々。

一応、乗る前に空気圧をチェックしました。
カタログによると前1.3 後1.9と書かれていますが、
車検のときにショップで聞いた話では、
いつも前1.8 後2.2くらい入れているそうです。
高速を走るとなると、1.3とかでは不安だからとのこと。

今まではカタログどおりにしてましたが、
今後は1.8/2.2くらいにすることにしました。

| コメント (3) | トラックバック (0)

ハブキャップ外れない

また右リアから異音がするようになりました。
このときと同じです。

Dscf9791

なぜ右リアだけ緩むのかは、よくわかりませんが
原因を辿ると、以前私がやった分解のせいなのかも
しれません。

で、また絞めなおそうと思ったのですが。
オールペンの際に、ハブキャップが変わりまして
これが外れないのです。

以前は穴なしタイプで、
ははまっているところが斜めになっていたので
そこに、なにか工具を引っ掛けてテコの原理で外していたの
ですが、今回は穴アリで、斜めになっていないので、
ハブキャップリムーバーがないと厳しいのでしょうか。

Dscf9793

家の中で、代用品を探したのですが、なかなか
うまくいきませんでした。今日やりたかったのに残念。

ハブキャップリムーバーを買おうと思います。

| コメント (5) | トラックバック (0)

異音の原因

カーオーディオを設置したので、
聞こえづらくなったのですが、
また最近、右リヤから異音がするようになりました。
ギャッ、ギャッとタイヤの回転と同期して
嫌な音がします。
高速にタイヤが回転していると、
わかりづらいのですが、信号待ちの手前など
速度が落ちるとよくわかります。

以前、チカーノさんからアドバイス戴いたのを
思い出し、アクスルナットを締め直してみました。

Cimg6444_2

割りピンを抜いてみると、
確かに結構簡単に緩みました。
まさにトルク不足だったようです。

Cimg6516

私はこのようなアイテムを使っています。
これをゴムハンマーでガンガン打ってますが、
今回はいつもに増して、しつこく締めました。

結果、異音は治まりました。
原因もわかってよかったです。
改めてチカーノさん、ありがとうございました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

異音治まる

久しぶりにジャッキ登場。

Cimg3412

タイヤを外す手順を書いておきます。

窓を開けておく。
後輪を外すなら前輪に車止めをする。
ハンドブレーキをおろす。
タイヤのナットを緩めておく。
ジャッキアップする。
ウマをかける。
タイヤを外す。

こんな感じでしょうか。

久しぶりにドラムとご対面。

ドラムのカバーは緩んでいないようでした。

Cimg3414

これ、わかるでしょうか。ブレーキ粉がすごいです。

これらはキレイにしました。

本当なら、シューもサンドペーパーかなんかで

磨くと良いのでしょうが、今日は午後から出かけるので、

その時間はありませんでした。

Cimg3415

異音の原因は何かなー。

下の写真、サイドブレーキのスプリングと、

シューの間のスプリングが近いですけど、

これが干渉しているのでしょうか?

Cimg3416

わからぬままタイヤを取り付けたら、

異音はしなくなりました。

なんだったのでしょう?

ブレーキ粉と関係あるでしょうか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

異音再び

このところ、トラブルフリーで来ていたのですが、

右リアタイヤの周辺から異音が出始めました。

今日は片道10km程度走ったのですが、気にしていたせいか

徐々に異音が大きくなったような気もしました。

ブレーキを踏む踏まないに関係なく、

タイヤの回転と同期して、ギャッギャッと嫌な音がします。

何でしょう?

Cimg9602a

この時と似ている気がするのですが、

同じ異音かどうかは、ちょっとよくわからないです。

とりあえず、明日タイヤを外してみる予定です。

| コメント (7) | トラックバック (0)

ハブキャップが揃ったのだ

GWの休みの間に、課題を解決していきましょう。

この記事に書いたまま放置している

ハブキャップをどげんかせんといかんです。

Cimg0451

まずはゴムハンマーでエッジの部分を

バンバン叩いて、広げようとしたのですが、

効果なし。

Cimg0458

しかし、結論としては上のように入りました。

どうやったかと言うと、答えはシンプル

「蹴り」 です。

1年弱ぶりに、ハブキャップが揃いました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

古いホイールキャップ

実はだいぶ前から放置しているのですが、

昨年の夏、いろは坂で落としてきたホイールキャップ

についてです。

VWのロゴが中心にあるホイールキャップは下のように

Dr788 Dr793

厚いタイプと薄いタイプがあります。

私のメキ君のは厚いタイプで、4穴なんですが、

これ、以外と売っていないんです。

 まあ、新品で買っても、1枚だけピカピカで

違和感もあるし、オークションで買おうとしたのですが、

意外と4穴か5穴か書いてない出品も多くて、

面倒になって、暫くそのままにしていました。

ようやく、ひと月程前にオークションで見つけて購入しました。

本当の6Vについていたもののようです。

Cimg0859

左が純正、右が購入したものです。

ロゴが微妙に違うのがわかるでしょうか。

Cimg0877

あと、違うところは、このように装着用の穴が

開いているのと、

Cimg0878

3箇所、上のような突起があるところでしょうか。

しかし、もっと大きな違いがありました。

微妙に小さいのです。

どうやっても入りません。

ヴィンテージ仕様のメキシコビートルに乗っている皆様、

台湾製のそのホイールキャップは

結構、貴重品かもしれませんぞ。

落としたら、ちゃんと拾いましょう。

| コメント (2) | トラックバック (0)

いろは坂

16日、猪苗代を出て、日光に移動しました。

磐越->東北道と乗り継ぎ、宇都宮の手前で帰省ラッシュに

遭遇したので、矢板ICで下りて、一般道で日光を目指しました。

Cimg9675

写真は道を間違えて、Uターンする際に下りて写したものです。

全く関係ないですが、田んぼにはトノサマガエルがたくさんいました。

Cimg9677

16日はちょっとした事件がありました。

目的地は奥日光の中善寺湖畔なのですが、

いろは坂を越えていかねばなりません。

この日、突然発生した台風の影響で、

もう雨が降り始めていました。

いろは坂にさしかかり、気合を入れて「ろ」のコーナーを曲がる時、

缶カラが転がるような音がしました。

この音は何だ?

0.3秒くらいで気づきました。ホイールカバーが落ちたのです。

しかし、雨の中、後続車も続いて走っています。

とても停車して戻るわけにもいかず、

哀れにも磨いたばかりのホイールカバーを見捨てて

中禅寺湖畔のホテルに着きました。

最後は叩きつけるような雨になりました。

早めに出てよかったです。

Cimg9694

翌朝、この写真を撮りました。

右フロントのホイールカバーは

今も「ろ」のコーナーに落ちているのでしょうか?

| コメント (2) | トラックバック (0)

ホイールカバーの錆を取る

ホイールカバーの錆び取りをやりました。

まずベランダに持ってきました。

Cimg0194

使用前。

Cimg0197

どうなってもいいやと思ったので、

いきなり真鍮ブラシで擦りました。

下は半分やったところ、これだけで結構落ちました。

時間かかりますね。ホイールだからベランダでできるけど

車体だと大変だと思います。

冬にやるのがお奨めかも。

Cimg0199

風呂場に移動しました。

酸を使うのでビニ手をしました。

Cimg0202

VWのマーク周辺が、なかなか落ちません。

ケミカルを塗る、洗浄、擦る、を取り返しました。

Cimg0203

上のループで洗浄の後に、水気を拭いて

シールコートを吹き付けました。

ラストリムーバーの裏には

錆び止めに556を吹いて下さいと書いてありました。

別にシールコートでなくても良かったようです。

出来上がりはこんな感じ。

下の二枚は微妙に失敗していますが、

まあいいか。

ちなみに裏は何もしていません。

Cimg0213

赤い涙編に続きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

錆びの状況ホイール編

兼ねてから懸案の錆び対策について

考える時期が来たようです。

まずは現状の説明から。

ビートル君の足元の錆び状況ですが、

Cimg0155

これが左うしろ足

Cimg0156

右うしろ足

Cimg0157

右前足

Cimg0158

左前足、なぜかこれだけあまり錆びてないです。

ちなみに1997年式です。

そう言うと大抵の人は驚きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)