« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年9月

kafさんへ(SKYDOGよりリポート)

SKYDOGさんからまた記事と写真送って頂きました。
いつもありがとうございます。

まずは掲載します。

-----
To     kaf1@livedoor.com(本当は半角)
日付    2010年9月29日22:54
件名    kafさんへ(SKYDOGよりリポート)

こんばんは。
一目見て分かりますよね。Wキャブのワーゲンエンジンです。
きれいです。うちのメキのようにオイルが垂れていません。
造形美を感じます。 でも車じゃないような・・・
Dscf2513
そうなんです。飛行機用に使われているんです。軽飛行機と言えば
水平対向エンジン。SUBARUやVWのエンジンが軽量飛行機に流用さ
れていることは知っていましたが、初めて実際に見ました。
ちなみに次の写真の奥にチラッと写っている自作!ヘリコプター
(しかも二重反転ローター!!!)はSUBARUのエンジンです。
この飛行機「北の星」号は福井県の前田利丸(まえだ・としまる)さん
による手作り。アメリカから図面を取り寄せ1968年から6年がかり
で完成させたそうです。その後、お固い役所と審査、審査、審査・・・で
戦い、念願かなって空中散歩が実現したのは、それから約10年後だった
そうです。その粘りは同郷としても誇りに思います。

 

Dscf2512  
今は1600CCですが、最初は1200CCだったそうです。
でもペラのサイズに対してアンダーパワーだったのでワーゲン屋
さんと掛け合い、廃車から移植したとか。あらためてワーゲンエンジン
の耐久性に驚かされます。
キャブはSOLEXでした。詳しくは聞けませんでしたが航空機用に
ドライサンプにするなど改造は多々あるようです。そういえば
発電機はどうなっているのでしょう。聞けば良かった。 
Dscf2517
この方が前田さん。御年83歳! うちの親父と同じです。
しかも、現役でセスナを飛ばしています。
またまた目が・です 。
Dscf2518_2
これらの写真は9月25、26日に私の故郷である福井空港
であった空の日にちなんだイベント「スカイ・レジャー・ジャパン '10」
での一コマです。とても気さくな方で往年の勇姿を丁寧に説明
され、みな感心しきりでした。 
Dscf2568

この「北の星」号は残念なことに今は飛んでいません。
でも、エンジンはしっかり回ります。イベントでも回してください
ました。マフラーはありません。直管ですが意外に静かでした。
実に飛行機らしい音がして感動しました。
クロームメッキのバルブカバーがおしゃれです。

Dscf2569_3

 

それにしても、こんな風に大空を駆け回っているワーゲンエンジン

を見たかったなー。

これはエアショーチーム「ディープブルース」の室屋義秀さんによる
妙技の一部。「ハート」。この後、矢も突き刺します。

 Dscf2579

前田さんについてはyoutubeに動画があります。

良かったら見てください。

| コメント (6) | トラックバック (0)

シール発見のつづき

シールの話、もう少し掘り下げてみたいと思ったのですが
あんまりわかりませんでした。

前に出てきた話題と重複してますが、一応書いておきます。

Img_0114a

書いてあった情報は以下。
1. PROD 19723
2. MOTOR ACD248028
3. CHASIS 3VWZZZ113 VM520287
4. 181(IBI?)

1. prodはproductの略かなんかでしょうが、
19723の意味はわかりませんでした。
ご存知の方、いらしたら教えてください。

2.は発動機の番号ですね。
エンジンに刻印されているものと同じです。

ここに書かれていますが、
1996年8月1日~ 1997年7月31日までが以下の範囲で
1997年車ということのようです。
ACD229707 to ACD258800

3.はリアシート下に刻印されている番号で、
車検証にも書かれています。
意味ですが、以前にも紹介したここに書かれています。
こういうとです。

3 = Mexico
VW = National manufacturer identifier
Z = Not assigned
Z = Not assigned
Z = Not assigned
11 = Beetle Type 1 (for Europe)
3 Verification digit, code NHTSA
V  = 1997
M = Puebla, Mexico
520587 Production serial No.

メキシコで97年に作られたといいうことがわかります。

4 181 ですかね? IBIなのかも
全く何のことかわかりませんでした。
情報お持ちの方、教えて頂けると幸いです。

もう一つ、ここの数字

Img_0121

0958013 と刻まれています。

Img_0119

これから何がわかるかというと、

09 Week of the year = 9 (*)
5 ->Day of the week = FRIDAY
8-> Identification range = 1B (Sedan - Type 1)
013 -> Consecutive number off the line= 13

*年初は7日揃った週を1とするそうです。
ということで、私の愛車の誕生日は
1997/03/07
ということらしいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

シール発見

この記事のコメントからの続きです。

墨甲虫さんから情報頂いたとおり、
リアシート下の車体番号の近くにシールの剥がれ
跡を見つけたと書きましたが、
明るいところで見ると、剥がれたシールが
落ちていました。

Img_0113

これです。(クリックで拡大)

Img_0114

汚れて読みにくいですね。
車体番号などはありますが、
確かにカラーコードは書かれてありませんでした。

ガセ情報流してしまったのかも。
それとも、年式の違いですかね?

| コメント (3) | トラックバック (0)

スウェードシルバー

前の記事でも書きましたが、
我が家のビートルの塗装、カラーコードはLG7Xです。
スウェードシルバーメタリックという名前がついている
ようです。

車検証にもシルバーと書いてあるので
私は車体の色を問われた際にはシルバーと答えるのですが
妻はシルバーではなくて、ゴールドだと
よく言ってます。何とも形容し難い微妙な色です。

8300411a_2

さて、こちらなどを見ると、
ゴルフ3やジェッタ(日本だとヴェントか?)などにも
同じLG7Xの車がある事がわかります。

しかし、同じ色のゴルフ3に
街中で会った記憶がありません。
(ヴェントはそもそも見ないし)
ちょっとカーセンサーを見てみましたが、
1台も見つけられませんでした。

海外のサイトだと何台か見つかました。
また勝手に貼ってしまいます。

ゴルフ
Jirbs16fc_2

ジェッタ
771260438_5_ebs1

日本国内ではLG7Xの車は
売られなかったのではないかと、推測しています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

カラーコードの確認方法

塗装つながりで、カラーコードの話です。

こちらの記事のコメントにありますが、
1600i.deのページにメキシコビートルの各年式の
カラーコードが出ています。

私の車の場合、他に間違えそうな色もないので
LG7Xというコードだとわかるのですが、
白などは何種かあって、イマイチ確信がつかないですよね。

VWの場合、下のようにステッカーというかシールに
その情報が貼ってあるそうなんですが、

Vw_car_diagram

Vw_vin_plate

じゃあ、メキビーはこのシールどこにあるのか
という疑問が沸きます。

スペアタイヤの下とかいろいろ探してみましたが
見つけられませんでした。

ここにちょっとヒントを見つけました。
訳してみましょう。

Does your car still have the manufacturer's sticker
on the left hand rear door post?
If it does then that sticker will tell you the paint code
along with the chassis and engine numbers.

「あなたの車にはまだ左手後部ドアポストに
メーカーのステッカーがまだありますか?
もしそれがあればそのステッカーは
車台とエンジン番号に伴うペイントコードを
教えてくれるでしょう。」

うーん、左手後部ドアポストって、どこだろう?
ご存知の方、教えてください。

追記: //2010/09/04
確かに2x10くらいのシールの剥がれた後がありました。
take3さん、情報ありがとうございました。

Img_0049

| コメント (9) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »