« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

写真募集してます

最近、ちっとも記事をかかない管理人です。

前回の記事と写真は、
SKYDOGさんから送って頂きましたが

皆さんからのメキシコビートルに関する
写真を常時募集中です。

よろしければ
kaf1@livedoor.com(本当は半角)
までお願いします。

Cimg4265b

| コメント (0) | トラックバック (0)

kafさんへ(SKYDOGより)

SKYDOGさんからメール頂きました。
まずは全文掲載させて頂きます。

-------
To    kaf1@livedoor.com(本当は半角)
日付    2010年8月19日2:12
件名    kafさんへ(SKYDOGより)

こんにちは。あるプランのために油温計を取り付けました。
何かのご参考になれば。
まず、メーターの選択。
日本人としては摂氏表示(℃)の方がありがたいですが、タマ数
が少ないですよね。それにノーマルエンジンはさほど油温も上が
らないことを考慮してAUTO METERの250°Fタイプ(口径52
ミリ)を選択。これだと100°F(約40℃)でスタートし、真
ん中で180°F(約80℃)なので分かりやすいですね。クローム
リムでデザインも気に入りました。ビートルの場合、VDOがポピュ
ラーな感じですが、スケールが大きすぎて却下です。AUTO METER
はセンサーも同梱です。油圧は生かしたいので一緒に
VDOのTアダプター(左)も購入しました。
Dscf2435

セットの内容。メーター本体、センサー(右端)、他車用のアダ
プター?、左手前はブラケットにメーターを固定するためのネジ、
左上は照明用ランプです。うれしかったのはステッカーが付いて
いたことです。フェチなので。
AUTO METERはSYCAMOREという所に会社があるそうです。
調べたらシカゴ近郊の小さな街でした。ストリートビューで見
ても、のんびりした所でした。
Dscf2439

メーターの裏側。真ん中がボディーアース用、左をセンサーに、
右をイグニッション側に接続します。上は照明用のランプ穴です。
説明書は私にも分かる英語でした。
Dscf2441

 
試しに厚紙で作ったブラケットにセットしてみました。真ん中で
約80℃です。

Dscf2446_2

 
実は、どこに取り付けるかがずっと悩みの種でした。私のメキには
クーラーが付いており定番のダッシュ下は無理。ならば左の膝元か、
中央のフロアトンネル上かとあれこれ考えてたどりついたのが灰皿
部!。煙草は吸わないし、サイズ的にもうまく収まりそうです。
Pap_0407

 
ダッシュ裏から。灰皿は2本のネジ止め。このネジ穴はブラケットの
装着に利用できそう。

Pap_0405

ダッシュ側から。灰皿を取ったら、走行中ここから外気がどんどん
入って来ました。その風量たるや、現代車の外気導入並み。臨時
ベンチレーターとして猛暑対策に使えそうです。どうりで冬、隙間
風を感じた筈です。でも、どこから入って来る?

Pap_0404

ダッシュ裏の配線。さて、どこから電源を取るか。電気に疎い私は
覗き込んだまま、かなり悩みました。

Pap_0402_2

仮に作った厚紙で試し合わせ。ダッシュとツライチにするとメー
ターも収めやすいのですが運転者からはメーター表示がやや下を
向いてしまい、見づらいのです。

Pap_0401

で、このように装着することに。
Ca310408

型紙を作って0・5ミリ厚のアルミ板(400円くらい)で
ブラケットを作りました。うまく行くと思ったのですが、実は
この段階で2か所、設計寸法をミスっていました。
Ca310409

メーターをセットしたところ。手前はダッシュとクーラーの
エバポレーターの隙間に挟み込むために寸法を延ばして切って
います。

Ca310412

 
正面から。アルミ地肌の色は好きなのですが、今回は手元に
あったシャーシーブラックで塗装しました。

Ca310413

VDOのTアダプターに油温センサー(上)と油圧センサースイ
ッチを取り付けたところ。油温センサーはテーパー付きのネジ
になっているようで少ししかネジ込めません。テフロンテープ
は水道コーナーのを買ったので熱で溶けて漏れないか不安です。
今の所、大丈夫そうですが。

Ca310414_2

苦労して何とか取り付け終わったセンサー部。上はデスビです。
どなたかの取り付け記にクーラーコンプレッサーの脚部が
作業の邪魔とありました。なるほど想像が付きます。せめて
ベルトのプーリーを外そうとチャレンジしましたが、うまく行
かず断念。ディープソケットを持ってなかったのでラチェット
も使えず、仕方なく24ミリ?のメガネレンチでやっとのこと
油圧センサースイッチを外しました。
もちろんエンジンは回っていないのですが、結構、オイルが
にじみ出て来ます。さあ、急いでTアダプターをネジ込もうと
思ったら、油温センサーの出っ張りがシリンダーカバープレート
に当たって回せません。オー、ノー!。またセンサーを外して
やり直しです。たかがセンサー取り付けといえど、あなどれ
ません。何事も経験です。
 
Ca310417

 
何とか付け終わりました、の図。自己満足度は98点です。自分
だけのアイデアかと思ったのですが、ネットで見ていたら同様
の事をした車がありました。人間、考える事は大差ないようです
ね。スチールダッシュではないのですが、気に入ってます。ラジオ
を除いて。

Ca310418

実はラジオもつけないので、外してしまってそこにメーターを
付ける案も考えました。いつかクーラーのエバポレーターも
外して棚を付けたい。

Ca310419_2

 
ダッシュ裏から。イグニッション側はラジオのACC電源から
分岐してつなぎました。ボディーアースはご覧の通り、灰皿
取り付けネジ部がそのまま使えました。
写真で見るとはっきり分かりますが、アルミのブラケットの
取り付けステーがネジ穴まで届いていません。採寸ミスです。
作り直す気力が無かったので結束バンドで固定しました。
配線の色使いはセオリー無視です。センサーまでの配線をどこ
に通すかも悩んだポイントです。結局、ボディー左サイドの
カーペーットの間をきれいに通す事ができました。
 
Ca310421

最初に針が動いたときはやはりうれしかったです。これまでの
ところ油温は上昇しても真ん中あたりまで。炎天下の渋滞など
は未経験なので、しばらく様子見です。シャシーブラックはつ
やがありすぎていまいち。プラモ用のつや消しでも塗ろうかな
と考えてます。

 

| コメント (15) | トラックバック (0)

八月

また、ずいぶん空いてしまいました。すみません。
今年の夏は厳しいですね。
昼間の暑さもありますが、夜の気温の高さに参っています。

7月の末に、妻の友達家族が沖縄から遊びに来て
泊まって行ったのですが、車を使う際、
ビートルでは狭くて、クーラーの効きも悪いということで、
妻の実家からスカイラインを借りました。
その後も猛暑にエアコンは魅力的であり、
妻がなかなか車を返しに行かなかったのですが、
この暑さでは私も強くは言えず、ようやく昨日
久しぶりにビートルが家に帰ってきました。

Dscf0206

Dscf0208

写真ではわかり辛いですが、
放置している間、左のサイドミラー近辺に、
ジョロウグモが巣を作っていました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »