« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

なぜヒューズが飛んだのか?

なぜヒューズが飛んでいたのか?
これは無視できない問題です。

購入したヒューズを改めて1番に刺して、
スモールを点けます。

「ばちっ」

確かにショートしています。

次に、フロントのスモール球の接点を
外してスモールを点けます。

Cimg4262

「ばちっ」

おや、やはりショートしています。

つまり、原因はリアにありそうです。
または配線かも。そうだと時間的にも厄介です。

まじまじと眺めると、怪しい場所がわかりました。

Cimg4278

この部分。

Cimg4279

この写真では既に離してありますが、
もっと接近してました。

予備車検場でヒューズを入れた時には
点いたのですが、走ったら、近い部分が触って
ショートしたと理解することにしました。
左右同時というのは不思議なんですが。

というわけで、この部分を離したら
ヒューズが切れなくなりました。

フロント、
スモールよし
ナンバー灯よし
方向指示器よし

Cimg4265

リア、
方向指示器よし
スモールよし
ブレーキよし
ナンバー灯よし

Cimg4264_3

全てのバルブの点灯を確認しました。
「ちゃんと検査受ける前にやれよ」って話なんですが。smile

ちなみに、ウチの車の場合

1番ヒューズ 
フロントスモール灯(左)
リアスモール灯(左)

2番ヒューズ 
フロントスモール灯(右)
リアスモール灯(右)
フロントナンバー灯
リアナンバー灯

でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

方向指示器の色

車検に落ちた次の日にヒューズを発注しました。
20本。送料の方が高かったです。

Cimg4205

リアの方向指示器は色で引っかかりました。

フロント用に買って出っ張りの合わなかったオレンジのバルブを
とりあえず左だけつけてみました。

右側は無色灯でレンズの色だけです。

結構違いました。

下の写真だとわからないかもしれませんが、
実際はもっと左右で違いました。

確認後、左右ともオレンジのバルブにしました。

Cimg4195

リアのブレーキとスモールのダブル球ですが、
こちらは赤の色が薄いと言われています。

マジックで塗るのも考えましたが、
またひっかかったら面倒だなと思い、高いと思ったけど
下のを買ってしまいました。1個で1000円以上しました。

Cimg4212

こんな感じになりました。カラフル。

Cimg4213

この時点で、色問題は解決です。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2cm以内

バンパーの先端とボディの間は2cm以下でなければならない。
我が家のメキシコさんは、まあ、だいたい4~5cmくらいありますね。

Cimg4246

今まで一度も言われたことはなかったんですが、
ネットで調べると、たくさんひっかかりますね。
しかも、ビートルの場合が多いです。

↑ また無断でリンクさせてもらいました。お許しください。

特にここ数年、車検で厳しくチェックされてるようです。
知らなかったな。

バンパーで通行人を引っ掛けたような事故があったのかも
しれませんね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

予定外のところまで厳しくチェックされた話

検査官、「ライトを点けて・・・、ウインカー・・・、スモール」

検査官、「スモールつけて・・・スモール」 

私、「あれ、おかしいな・・・」

おかしいなではありません。当然です。
ヒューズが切れているのです。

車検をなめるなよと言わんばかりに、
検査官がの人がペンを走らせていきます。

Cimg4192

これだけチェックされると、
瞬時には理解できませんでしたが、要するに

車幅灯(不点灯) --->フロントのスモールライトが点かないということ
番号灯[前後](不点灯)--->前後のナンバー灯が点かないということ
尾灯(不点灯)(色)--->リヤのスモールが点かないし、赤さが足りないということ
制御灯(色)--->ブレーキランプの赤さが足りないということ
方向指示器(色)--->たぶんリヤの方向指示器が白いということ

・・・ということのようです。

検査官は意外なところにも、印をつけていました。

リヤバンパすきま??

バンパーとボディの間は2cm以内でなければ
ならないのだそうです。そんなの初めて言われました。

第1ブロックでは、バルブ類以外では、ウインドウォッシャー、
車体番号、原動機型式なとを検査されました。

Cimg4275

動揺も治まらないまま、ラインに入ります。

サイドスリップ 
→気づいたら○がついてました。

スピードメーター 
→タイヤを所定の位置にあわせ
40kmちょうどでパッシングするのは結構難しいです。
なんとか○

ブレーキ 
→これも気合を入れて踏みます。○

光軸 
→左右とも大丈夫でした。○

排ガス 
→これも特に問題なく○

下回り 
→これも○でした。

つまり、最初のバルブ類とバンパー以外は問題ありませんでした。

Cimg4191

どうもバンパーの話が理解できなくて、検査官の方に
再度いろいろ聞きましたが、解決のイメージが沸かずに
当日の再チャレンジは諦めてしまいました。
バルブ類だけならなんとかなると思ったのですが・・・。

次は15日以内ならば、引っかかった場所の修正のみで
大丈夫だということで、限定の車検証をもらって帰りました。
1300円の印紙代が余計にかかるそうです。

やれやれ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

車検場についたらバルブが点かなかった話

車検場について私は驚愕しました。

あろうことかですよ、スモールが点かないのです。
さっき取り替えた1,2のヒューズが切れています。
なんてこった。

この時点で私は1,2のヒューズに何が
繋がっているか理解していませんでした。
だから、何がどう悪かったのか判断できませんでした。
さっき2本同時に交換した事を後悔してもはじまりません。
わかるのはヒューズの在庫が1個だと言う事。

試しにその1本で1番を取り替えて、ライトのスイッチを入れました。

「ばちっ」

たちどころに切れました。ショートしています。

この時点で何を考えたかというと、
フロントのスモールランプ周りを外したら、
光軸調整してもらったのが台無しだ。
とりあえずラインに通そう、ということでした。

通らなかったところだけ、夕方までに直してくれば
大丈夫だという事を私は知っていました。

以前にもフロントウインカーが白くて通らず、
オレンジのマジックで塗りつぶして戻ってきて
通した事がありました。

 印紙を買って貼ってもらいます。
あとは窓口に行くと、車を何番に回してと言われるのです。

並んで待っていると13時を告げるベルが鳴り
検査が再開されました。

Cimg4190

バルブや車体番号をチェックする検査官の人が
長いハンマーみたいなヤツを持って歩き出しました。
私の前の車までは優しそうな顔の検査官の人
だったのですが、その人が隣の列の車を見ている時、
もう一人、厳しい顔の検査官がこちらに近づいてきました。

嫌な予感がしました。

つづきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

予備車検場でバタバタした話

そして、24日の朝、事前に予約してありました、
立川市と国立市の境目あたりにある、
多摩自動車検査登録事務所に向かったのです。

正確に言うと、先にテスター屋さんに行きました。
前回と前々回はユーザ車検をやってないので
6年ぶりとなります。

Cimg3941

今回も行ったテスター屋さんは
ミニに乗ってた頃から、毎回お世話になっています。
ミニ時代を含めて一発でラインを通った事は
皆無なので、本当に毎回です。

で、車を持っていって、光軸を調整してくださいと
言ったのですが、

「アンタ、その前にスモールが点いてないよ」
と言われてしまいました。

確かにヘッドライトの前の小さいバルブは左右ともに
点灯しません。情けない話ですが、すっかり
スモールの存在は忘れてました。

まず球を確認。切れてはないようでしたが、
念のため、新しいのを売ってもらいました。

そして、取り替えてライトのスイッチを入れたのですが、全く点きません。
よく見たら、1と2のヒューズが切れていました。

Cimg4274

予備として3個の8Aヒューズを持っていました。
そのうち2個を使い、スモールが点くようになりました。

やれやれと思うのもつかの間、
右のヘッドライトが前に出すぎてて、
これでは調整できないと言われてしまいました。

店の端の方を借りて、ヘッドライトをばらす事に
写真を撮る余裕がなかったので説明しづらいですが
下の写真のスプリングの働きをする赤の部分が
黄色の部分ひっかかっておらず、ライトが前に
来ていることがわかりました。

Cimg4262_2

赤い部分はスモール灯の配線(青)より上に来ていて、
黄色い部分に引っ掛けるにはスモールに来ている線を
一度外す必要があるのですが、こんなところは
私は触った事がなく、一体、誰がいつやったんだろうと
考えてしまいました。何年このままだったのか、
そして今までどうやって光軸調整したのだろうか・・・?

結局、光軸調整をやってもらえたのは、正午過ぎでした。
「こりゃ、暗いな」と言われて最初はビビリましたが、
最後は「アクセルを多少ふかせば通るよ」と
言ってもらえたので、一安心しました。

検査場は目と鼻の先で、13時まで行っても待つなと思ったら、
予備車検場で、書類ももらえて、自賠責の手続きも
やってもらえました。

メカニックの皆さんは「笑っていいとも」を見ていました。
私は机を借りて書類を記入。
小型乗用車の重量税が\25200から\20000になった事を
教えてもらいました。

お金を払って、テスター屋を後にしました。
光軸調整の代金は\3000とバルブ2個は\600でした。

一安心して、車を発進させた私でしたが、
事態はそんなに甘くはなかったのです。

つづきます。

| コメント (4) | トラックバック (0)

光軸をあわせようかと思ったけどやめた話

ヘッドライトユニットからリムを外すと光軸が
ズレますよね。今回は両側のリムを換えてますから、
このままだと車検のラインで落ちるのは確実です。

で、自分であわせてみようかとも思いました。
ハイビームで100M先、ロービームで40M先を
照らせばいいそうです。

Ca3a0070

ということは、1M先に壁を置いて、ハイビームにします。
ヘッドライトの高さを計測し、そこから1%下に光が来るように
ライトを調整すれば理屈ではいいらしいのですが
ただでさえ明るさも微妙なビートルでは
ラインを落ちる確率が90%はあるなと判断しました。

つまり、時間のムダだと思って、まずテスター屋さんに
行ってから車検を受けに行こうと思ったのです。

つづきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヘッドライトレンズを買った

で、富山からレンズを送ってもらいました。
2100円だったかな。

Cimg4169

ここで、あまり話題はないのですが、
強いて言えば、上の写真に写っているゴムは
前からあったものです。

レンズを買ってもついてこなかったので、
再利用しました。かなりヨレてますが
切れちゃったら、どうすんのかなと思いました。

Cimg4170

ということで、右目は少しキレイになりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヘッドライトレンズを割った

以前、錆びの酷かったヘッドライトリムを2枚買いまして、
左目は交換して、右目はそう酷くないので
換えなかったのですが、車検後に交換する事を
考えると、光軸が狂ってイヤだなあとか思い、
いま交換することにしました。

で、その作業中ですが、ヘッドライトリムを
外す際、ポロっとレンズが落下。
以下の写真のとおりです。あらららら。

Cimg4156

Cimg4157

いかにも私のやりそうなミスですが、
レンズなしで走るとマズイですかね。

早速、発注しました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ウインカーが点かないの続きの続き

いつの続きかと言うと、この記事です。

オレンジの玉を買ってきたら
出っ張りが合わなくて使えなかったという話です。
2年なんてあっという間ですね。

車検が近いので、また何軒かカー用品店を
まわったら3軒目で
出っ張りが180度のものを発見しました。

Cimg4181

左は2年前に買ったヤツで、出っ張りが150度くらいのもの
右は今日買ったもので、出っ張りが180度です。
ずいぶん値段が違いますね。
きっとレアで数が出ないんでしょうね。

Cimg4182

くらべるとこういう感じです。

Cimg4184

2年前に塗ったマジックはすっかり剥げて、
単なる無色球になっていました。

Cimg4185

交換しました。
10年乗ってはじめて、オレンジのウインカーが
装着されました。

| コメント (5) | トラックバック (0)

カーステその後

カーステですが、吊り下げ方式でそのまま使っています。
落下には至っていません。

ラジオが聞けない以外の問題としては
急にハンドルを切ると動いてしまうくらいかな。

ということで、またダイソーに行って
こんなの買ってきました。

Cimg4172

なんかマジックテープ付きのサポーターですかね。
ゴムが入っています。

Cimg4173

こんな感じになりました。固定はされたようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

オイルを替えた

というわけで、オイル交換を行いました。
このところ年2回のペースで
春はフィルターも交換しています。

Cimg4152_2

ちょっとした問題が発生しました。
前回、秋に抜いて入れるだけのオイル交換を
したわけですが、ドレインボルトを締める時に
ぬるっとしたイヤな感触があったのです。

今回、案の定、回ってしまって外せなくなりました。
仕方なく、周囲の6本のねじを外してオイルを
抜きました。

Cimg4153_2

きつく締めるのは当たり前のような気もしますし、
消耗品と思って諦めるんでしょうかね?
次回はプレート毎、替えるつもりです。

とりあえず今回は外れない状態のまま
オイルを入れました。漏れるか気になりましたが
大丈夫のようです。

Cimg4155_2

オイルを替えるとエンジン音が少し静かになった
気がしますね。ビートル君の不満が少し治まった感じです。

追記
ドレインボルトは締めすぎてはいけないそうです。
いろいろ不幸を招く可能性があります。
ご注意ください。

| コメント (4) | トラックバック (0)

オイルを買った

伊豆に行く前にオイルを替えようと思ったのですが
買い置きがない事に気づきました。

またシェブロンを購入
10W-40 3本
20W-50 3本

Cimg4004

今回は1本あたり300円でした。
最近はいつもヤフオクで同じ人から買っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

外れたホーングリル

ホーングリルってあまり役立つものではない気がしますが
外れていると間抜けな感じです。

ウチの場合、
グリルの裏側のゴムが風化してなくなってしまっています。

Cimg4149

仕方ないので、上のようにパテで埋めて

Cimg4150

接着剤で貼ってみました。
あまり良い仕上がりではありませんので
お勧めはしません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

カーステの行き場所

二つ前の記事に出てくる、この水色のものは、
伊豆に向かう途中、ダイソーで買いました。100円です。
足を乗せるための一時しのぎのつもりでしたが、
逆さまにすると、いい塩梅になることがわかりました。

Cimg4148

右から見るとこんな感じ

Cimg4146

左からだとこう。

Cimg4147

左右に引っ張ると、
クーラーのリシーバ(?)の出っ張っているところに
うまく引っかかるので、かなり安定して設置されています。

暫くこの路線で様子を見てみようと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆で見たビートル

そういえば、伊豆高原駅の近くでこんな店を
見つけました。美容院でしょうか?

壁からビートルが飛び出していますね。

Cimg4031

メキビーではないみたい。高年式ですかね。
とてもどうでもいい話でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

GW

結局ですね、このような応急措置で伊豆まで
行ってきました。

助手席の妻は網の部分に足を乗せて
意外と快適なようでした。
さすがに曲のタイトルは読みづらかったですが
それ以外は、特に不便は感じませんでした。
美しさが皆無という明確な欠点がありますが・・・。

Cimg4076

我が家から伊豆高原まで、片道約130kmのドライブ。
29日の昼ごろ出て、本日2日の昼過ぎに戻って来ました。

今日の熱海、伊東辺りの下り車線は大変な事に
なってましたが、我々は渋滞もなく快適なドライブでした。
日程が良かったのかもしれません。

Map_2
Cimg4081

いやー、5月はビートル乗りには最高の季節ですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »