« ISVの電圧 | トップページ | 黒いビニール袋 »

リレー配線図(SKYDOGさん)

SKYDOGさんから、丁寧な配線図と写真を頂きました。

ありがとうございます。

まずは、掲載させていただきます。

----------

Skydogs_3

Ca310275

ISCVへの接続部分。ギボシ(2つ)は元は1本だった白線を切って分けた感じです。赤線と黒線をつないで赤はリレーに、黒はリレーから戻ってISCVのマイナスにつながっています。

Ca310276

エンジンルーム左側奥のリレー。右に見えているのはここで行き止まりになっているコネクターです。3本の線が来ていますが何用でしょう。例のドイツの1600iのサイトでは、これに装置をつないで点火タイミングを変えるようなことが紹介されていますが。リレーはこのコネクターのベースの金属に取り付けているのでしょうかね?リレーはまだ外してみてもいません。左の赤線はくるっとループして上に戻っています。黒チューブの中は赤2本、黒1本です。赤と黒の各1本は上の写真の線、もう1本の赤はコンプレッサーに行っています。

Ca310278_2

コンプレッサーの配線。リレーからの赤線が左から下りてきて黒2本に分岐。黒線はコンプレッサー、そしてエンジンルーム右側奥のクーラー関係のポンプのようなものの片方の端子につながっています。最後の写真がそれです。

Ca310279

リレー部分。こんな感じで取り付けられています。

Ca310281

これ何でしょう。黒いのはファンシュラウド。エンジンルーム右側奥です。欲しい部分があれば遠慮なくリクエストしてください。

------

本当にありがとうございます。

装着のイメージが沸いてきました。

考察は、翌日付の記事で書かせて頂きます。

« ISVの電圧 | トップページ | 黒いビニール袋 »

01.アイドル不調とか」カテゴリの記事

08.冷房とか暖房とか」カテゴリの記事

コメント

お恥ずかしい

みなさん、間違っているところ、おかしな所があればご指摘を

投稿: SKYDOG | 2009年6月11日 (木) 00時01分

翌日付の記事で書かせて頂きます、
と言いましたが、こちらに書かせて戴きます。
 
改めて、手書きの図と写真、
ありがとうございます。貴重な情報です。
F4さんも、説明書にこの写真をつけて
欲しかったなと思うくらいですね。
 
ギボシが付いているところが、
本来、接続されていた線、という事なんですね。

リレーに入っている線ですが、
85に、コンプレッサーから来ている線
86に、ボディアースから来ている線
30に、ECUから来ていると思われる線
87aに、ISCVのマイナスから来ている線
となっていれば、(85-86, 30-87aは逆でも良い)
コンプレッサONで、ISCVが切れるので、
アイドルアップとなり、私的には納得です。
 
くるっと回っている赤い線は、
リレーの裏からボディアースをとっているの
でしょうか。
 
行き止まりになっているコネクターは、
ダイアグノーシスコネクタだと思います。
故障診断用のコネクタですね。
 
最後の写真は、エアコンのレシーバータンク
(リキッドタンク)でしょうか。

投稿: kaf | 2009年6月11日 (木) 01時06分

アイドルアップと関係ないことお聞きしますが、
配線図の下の写真で、コンプレッサーとスタビの間にある水色のものってどういったものなんでしょうか?

うちのビートルにはついてなくて、気になってたんですよね~。

投稿: MASA | 2009年6月11日 (木) 21時17分

時には楽しく!時には感心しながら拝見しております。
このリレーは俗に言うカットオフリレーと言いまして、
他からの電源供給より、主線の導通を遮断する構造です。
スタンレー電気より、安価な物が販売されております。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~fos4416/fcs.htm
こちらのリレーのほうが、より理に叶っているような気がします。

投稿: チカーノ | 2009年6月11日 (木) 22時35分

MASAさん、こんにちは。

水色のヤツですが、
activated charchol filter valve
と書いてありますね。
http://www.1600i.de/download/1600iEngineBay.jpg

これによると、
www.1600i.de/download/RemovalandInstallationofthe1600iEngine.doc
古いメキビーは白くて大きい、
activated charchol filter valve が
付いていると書いてありますね。
ウチの97年式にも水色のは無いと思いますが、
今度見ておきます。

投稿: kaf | 2009年6月11日 (木) 23時05分

チカーノ さん、始めまして。
情報ありがとうございます。

値段も安いんですか、
こういう形状の方が、
取り付けとかも楽そうですね。

投稿: kaf | 2009年6月11日 (木) 23時45分

少し、脳内整理がついてきました(?、というよりつけたい=笑)

うちの結線が正しい(図も含めて)とすればKafさんの見立てのような作動ですね。コンプレッサーに+が流れてクラッチが入る(負荷がかかる)と、リレーが動作してISCVの−側をカットしてしまう。アイドルアップというと「つなぐ」というイメージがあったのですが、チカーノさんが言われるカットオフだと理解しやすいですね。

ISCVは例えば配線が切れたなどトラブル時を想定して、ECUでの制御が不可になった時は、強制的にアイドル高めになる(システムとして安全側にする)ようなバルブ位置になるのでしょうね。その仕組みを流用してアイドルアップなどと詐称して(笑)いるということでしょうか。

少なくとも、うちのメキの場合は、そういう作動状況なのでしょうね。肝心のクーラーオン時のアイドルアップ(?)ですが、正直に言って、それほどの効果は実感しません。ほとんどクーラーをつけない(パワーダウンするし、エンジンの回転もぎくしゃくするので)のですが、Kafさんが言われるように、ブレーキをかけて停車する時などは、やはりエンジンが止まりそうになります。ISCVをカットしてしまうという安直な手法の限界なのかなと、今は感じています。

リレー接続を考えているKafさんの熱意に水を差すようなコメントになってしまいましたが、リレーをつけているほかの皆さんのメキの状況を知りたいですね。私は、やはりクーラーよりも「扇風機で空気が流れ出てくるシートクッション」の支持派です。重宝してます。何か営業のようになってるなー(苦笑)

追伸 確かにダイアグノーシスコネクターですね。それとリキッドタンクですか。タンク内の圧力異常などがあれば、ここでコンプレッサーの電源を止めてしまうのでしょうか。いずれも勉強になりました。

投稿: SKYDOG | 2009年6月12日 (金) 04時17分

クーラー使用時のエンジン回転数の低下は、コンプレッサーの
圧縮抵抗により発生します。
日本車の様にエンジン出力・コンプレッサーの容量・プーリーの
回転比など綿密に設計されている車輌ならまだしも、後付け感
100%のメキビーはそんな設計思想は微塵も感じられません。
あまり、酷く回転低下をするようでしたら、クーラーガスが入り
過ぎてより一層圧縮抵抗が発生しているかもしれません。
FLAT4のカタログにはクーラーガス3本なんて書いてありますが
恐らく1本半で充分冷気を感じる事が出来ます。
アイドルアップに関しては少し手間ですが、負圧式のアイドル
アップ(キャブ車の軽自動車などに使われています)を利用
する方が得策ではと思います。
メキビーに装着されているアイドルアップの方法のほとんどが
ISCVをリレーにより制御する方法で施工されていますが、
エンジンルームの過酷な環境によりリレーが破損している
車輌を多く見てきました。
リレー無しでもエンジンストールしない車輌は多く存在します。


あと、リキットタンクには圧力スイッチが付いています。
クーラーユニット内は、クーラーガスと一緒にコンプレッサー
オイルが循環しています。
クーラーガスのリークと共にオイルもリークする為、圧力が低下
するとオイルも循環せずコンプレッサーが焼きついてしまうのを
防ぐ為に、コンプレッサーのクラッチに電気が入らない(作動し
ない)仕組みになっています。

投稿: チカーノ | 2009年6月12日 (金) 09時38分

SKYDOGさん、どうもです。
 
今回いろいろ、情報頂いたおかげで、
疑問がだいぶ解決しました。
 
確かにISCVを切るだけだと、
制御に限界がありそうですね。
 去年あたり、感じたのですが、
交差点で止まる時に、ガッとブレーキを踏まず、
回転を徐々に落としてやると、エンストまでは
行かないことが多いとわかりました。

今年は例の30番リレーを替えてから
アイドリングが安定するようになったので、
ひょっとしたら、リレーなしでも多少マシかもと
期待しています。
もうひと月もすれば結果が出るでしょう。

投稿: kaf | 2009年6月13日 (土) 07時55分

チカーノさん、コメントありがとうございます。
 
メキで、リレー以外のアイドルアップ方法も
あるのですね。
調べると、ソレノイドバルブを介して
負圧を利用しアクチェーターでスロットルを開く
タイプのアイドルアップ方法もあるんですね。

また、クーラーガスの量でも、
負荷がかわるんですね。知りませんでした。

いろいろ勉強になります。ありがとうございます。
また、ご指摘頂けると嬉しいです。

投稿: kaf | 2009年6月13日 (土) 08時23分

アイドルアップリレーについての情報、興味深く拝見しています。本日ユーザー車検を控えリレーの接続を確認しましたので記載します。まず結線は以前の私の情報は間違っていまして、ISVの白配線(マイナス)が切断され、30と87aに接続されていました。これはSKYDOGさんと同じだと思います。コンプレッサークラッチからの電源供給とアースは前回記載どおりです。皆様の情報を整理しますと、このリレーの役割は、クーラーを使わない時は30と87aは繋がっており、通常と変わらないISV機能が働いており、クーラー使用時にはリレーに電源が供給され、30と87aが切断され冷間時と同様にアイドリングをアップさせる方向にISVが開きアイドリングを上げるという機能とぢて考えられたものと想定します。ただ様々な条件でどういった症状が出るのかトライ
してみましたので商会します。
①結線そのままでリレーを外す⇒調子が良くクーラーを使っていてもほとんどエンストしない、但し時折クーラーのクラッチが切れた時にアイドリングが一時1200rpmまで上がりしばらくすると下がる。
②リレーは取付けた状態でクラッチからの電源供給を無くした場合、特に変化無し、暖気された状態だからか?
*冷間時の状態がわからないのでなんとも言えませんが、どうも暖気された状態でリレーによるアイドルアップは、無理やりISVを開いてもその時のスロットルの開き具合など逆にバランスがくずれエンストするような症状が出るような気がします。
もっと色々な検証ができると良いのですが、今日はこれから車検の準備をしますのでこのあたりにしておきます。
また情報がありましたらお願いします。 

投稿: タイプ1 | 2009年6月14日 (日) 13時34分

タイプ1さん、レポートありがとうございます。
なるほど、SKYDOGさんと同じ配線のようですね。
 
①だと、リレーなしの私の車と同じ
になると思います。ISVは常にONですから
クーラーONで、信号などの急減速時に、
エンストする場合があるのではと思います。
②だと、リレーのスイッチが入りませんので、
やはり、私の車と同じになると思います。

>無理やりISVを開いてもその時のスロットルの
>開き具合など逆にバランスがくずれエンストす
>るような症状が出るような気がします。

そうですよね。
確かに、ちょっと無理があるようですね。

改めて、レポートありがとうございました。
また何かわかりましたら、教えてください。

投稿: kaf | 2009年6月14日 (日) 23時47分

チカーノさん ありがとうございます。

うちのは寒すぎるほど冷えるのですが、なるほどガスの入れ過ぎかもしれませんね。エアコン(クーラー)の仕組みも、今度の件で少しかじってみて勉強になりました。特にコンプレッサーの構造など面白いです。自動車関係は色んな技術、アイデアが詰まっていて感心ばかりしています。ビートルはシンプルであるが故にそうした仕組みが分かりやすいですね。

タイプ1さん

リレーを外すと、ISCVが制御されなくなってアイドル高めのままになるのでしょうね。②の場合はつまりISCVが正常に作動している状態なのだと思います。ユーザー車検、スムーズに通るといいですね。

投稿: SKYDOG | 2009年6月15日 (月) 00時11分

ユーザー車検、何とか通りました。でも検査ラインでの各種テスターはクリアできたのですが、車両チエックでアルミホイールのJWLマークが無い(現在装着しているのはポルシエ914のイミテーション)ことを指摘され、往復1.5時間かけて自宅へ戻り冬用のテッチンホイールにスタッドレスに履き替え再検査して無事新しい車検証を発行してもらいました。今回マフラーを純正の触媒付きに戻して検査を受けたので、COもHCも問題なかったのですが、マフラー交換は2時間ほど掛かりますし、面倒くさいのでできればそのまま(F4のレブマスター)次回は受けてみたいと思いますが、そういった経験された方はいらっしゃいませんか、情報があったらまた教えてください。そういえばISCVについては、最近神経質になりすぎて、リレーを外したり、配線をめくって確認したり、コネクタを外したり、ISCVを洗浄したりしているうちに何故かアイドリングがたまに不安定になるようになってしまいました。考えすぎも良くないのかな?

投稿: タイプ1 | 2009年6月18日 (木) 18時26分

ISCV、洗浄すると調子悪くなった経験ありますw
とりあえずCRCかけてみたら直りましたけど。


社外品へのマフラー交換って、O2センサーとかどうしてるんでしょうか?
私は交換する気はないんですけど、
交換してるってよく聞くので気になってたんですよね~。

車検お疲れ様でした~☆

投稿: MASA | 2009年6月18日 (木) 20時18分

レブマスターの場合はマフラーのタイコの前後にメッキ時の水抜き用の孔?があり、そこにM6位のネジが切って丸頭ビスでめくらがしてありますので、そのめくらネジを外し、特製のオスメスのアダプタ オス側M6?(M6に3mmほどの貫通孔)メス側(O2センサ)M20位を作製してO2センサを取付けています。ただ、こういった取付で本来のO2センサの役目を果たしているかは分かりません (気休めみたいなもの) 実際の走行ではO2センサを外した状態でも何ら変化は無かったように記憶しています。
ほとんどのメキビー乗りで、マフラーを交換している方のO2センサはエンジンルームに転がっているんではないでしょうか?

投稿: タイプ1 | 2009年6月18日 (木) 21時11分

タイプ1さん、ユーザ車検ご苦労様でした。
無事パスして何よりです。
私もミニに乗ってた頃、触媒が付いてなくて、
車検前はショップでつけてもらったりバタバタしました。
ビートルになってからは、
ウインカーの色が通せないと言われて、
慌ててオレンジのマジックを買いに行ったりしました。
パスすると、やれやれという感じですよね。
 クワイエットマフラーは興味あるんですけど、
O2センサも気になるし、検討していませんでした。
一応、センサも取り付けられるんですね。
初歩的な質問ですが、ノーマルマフラーと音は
だいぶ違う感じですか?
貴重な情報ありがとうございました。

投稿: kaf | 2009年6月19日 (金) 07時30分

レブマスタを取付けた時の最初の印象は、ビートル特有の水平対向エンジンの排気音(ドコドコと太鼓をたたくような音)が無くなり、ブオー・ブオーと普通の4気筒エンジンのスポーツマフラーのような音で、少しガッカリしましたが、乗っている間にその低い乾いた音の良さを感じるようになり、今では車検時以外はレブマスタを取付けています。それにF4のカタログにも書いてありますが、多少パワーアップと回転の上がりが良くなる印象です。ただメッキ仕様の場合1年~2年でエキパイは錆錆、タイコもかなり錆が出ます。それとクーラーのコンプレッサーのステーがマニホールドの取付部を共用しているため取り付け取り外しは大変です。

投稿: タイプ1 | 2009年6月19日 (金) 12時37分

タイプ1 さん、返信ありがとうございました。
音はだいぶ変わるんですねー。
集合住宅に住んでいるので、
ちょっと興味のあるところです。
錆びに関して言えば、
買うならトリプルクロームですかね。
 O2センサーを気にしていましたが、
むしろ触媒がなくなってしまう方が障壁ですね。


投稿: kaf | 2009年6月20日 (土) 08時30分

 初めて投稿します。突然のエンスト発生で困っています。
 当方2003年式メキビーで購入後一年半になります。

 今まで故障も無く順調に走行できましたが、先週から、走行中に「ノッキング風」のカックンが時々発生し、今週はエンスト後セルを回すもプスンともせずエンジンが始動出来なくなりました。

 悪戦苦闘 3時間でなんとか再起動できましたが、原因不明なためエンストの再発が怖く、コメントさせて頂きました。

 症状は「失火」又は「燃料ストップ」と思われ、各接続端子にCRC製【コンタクトスプレー】(接点復活材)を塗布し復活しましたが、最後は「この黒いリレー」(アイドルアップリレー?)を取り外し接点スプレーを施工後、始動できたと思います。

 近々点検予定ですが、購入店が県外で遠方なため、二の足を踏んでいる状態です。 何かアドバイスがありましたら宜しくお願いします。

投稿: Mex 03 | 2012年8月23日 (木) 21時47分

Mex 03 さん、はじめまして、

点火系とか燃料とかの可能性もあると思いますが
私が今日書いた記事と同じ症状かもしれませんね。
http://kaf.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/30-f70a.html

30番のリレー(イグニッションリレー)
リレーが完全に不動作だとスターターが回りませんし、
時々切れた状態になると、アイドルスタビライザーの電圧が
落ち、アクセルと無関係に吸入空気量が変化するので、勝手にアイドリングが吹き上がったり、エンストしたり
します。疑ってみても良いかもしれませんね。

投稿: kaf | 2012年8月23日 (木) 23時19分

「今日 修理に行って来ました。」

kafさん 早々の回答ありがとうございました。
点検結果:結論は原因不明で直りました。

・「セル回すも始動不能」は再現できないため原因不明、「イグニッション系の漏電の可能性が高い」との事でした。

・ISCVは動作不良のようでした。但し高年式車はCompの応答速度が向上したため、「アイドルアップ」が不良でも エアコン使用時のアイドルリングも安定するとの事です。

・結局、今回の不具合解消は 何方かの書込みにあった「ISCV内へCRC吹付」がキメテとなったようです。

・どうも消化不良気味でスッキリしませんが、このメキビー車は情報が少なく修理に苦労します。今後も皆様の情報提供をお願いします。

投稿: Mex 03 | 2012年8月26日 (日) 21時31分

Mex 03さん、こんにちは。

トラブル解消したそうで、何よりです。
原因不明なのは少し気になりますね。

そうなんですか、後期モデルはアイドルアップリレーが
なくてもエアコン時にエンストしないのですか。
それは良いですね。私の車は97年製ですが
その間、微妙に進化していたんですね。


投稿: kaf | 2012年8月27日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/202304/30046476

この記事へのトラックバック一覧です: リレー配線図(SKYDOGさん):

« ISVの電圧 | トップページ | 黒いビニール袋 »