« 黒いビニール袋 | トップページ | キャニスターボックス »

ソレノイドバルブ

MASAさんから質問あったものですが、

ちょっと気になったので、もう少し調べてみました。

下の画面の中心の白いヤツ

私の車だと、デスビの後ろあたりに、

それはありました。

Cimg0929

1600iのページでは、

activated charchol filter valve と書かれていましたが

何と訳すといいのでしょう。

物としては、ソレノイドバルブですね。

同ページから思い切り転載していますが、

SKYDOGさんの車(2000年式)は上のタイプ、

私の車(1997年式)は下のタイプということでしょうか。

メキシコビートルを制御するECUも、

年式により、3種に分かれるそうなので、

1997年と2000年の間に、違いがあるのでしょう。

Magnetventilbosch
Magnetventil

で、これって何してるの、ってのが気になったのですが、

Cimg0928

上の赤く塗ったように、パイプが出ていて、

これがトランクルームのキャニスターボックスに

繋がっているようです。

こちらに、詳しい説明がありましたので、

リンクさせて頂きました。

フューエル タンクで発生した蒸発ガスは、 チャコール キャニスターの活性炭によって吸着されます。 パージ コントロール ソレノイド バルブが開くと、    この蒸発ガスは、 燃焼目的のためインテーク マニホールドに供給されます。 パージ コントロール ソレノイド バルブは、 コントロール ユニットによって制御されます。    コントロール ユニットは、 ラムダ コントロール ループが作動している間に、 このソレノイド バルブを作動させます。(引用)

要するに、キャニスターに溜まっている

蒸発ガスを、インテークに戻すのですが、

そのON/OFFをする機構と考えて良いでしょうか。

それほど、重要な機構ではないのかなとも

思いましたが、どうなんでしょう。

« 黒いビニール袋 | トップページ | キャニスターボックス »

13.その他の話題とか」カテゴリの記事

コメント

そういう物だったのですか~。
勉強になりました。
ありがとうございます☆

てことはうちのには白いものがある(はず)なんですね~。
早速見てみます、黒いビニールがあるかどうかもw

あと、皆さん話題にしてるアイドルアップ(カットオフ)の配線も見てみることにします。

投稿: MASA | 2009年6月15日 (月) 22時52分

MASAさん、どうもです。
もし何かわかったら、教えてくださいね。

投稿: kaf | 2009年6月16日 (火) 21時22分

上に書いた続きですが、重要というか必要なものでしょうね。

蒸発ガスは必ず発生するし、それを貯める→燃焼させる、の流れが機能しないとガスは行き止まったままか、どこかで放出されるはずです。いずれにしても、気化したガソリンが引火でもしたらと考えるとぞっとします。あまりにガソリン臭がする場合は要チェックですね。上の書き込みと矛盾しますが(笑)

投稿: SKYDOG | 2009年6月17日 (水) 06時40分

どうもです。
なるほど、引火なんてことになったら
恐ろしいですね。
試しに電源外して実験というのは、
流石にする気にならないですが、
このソレノイドバルブが働かないと
どうなるんでしょうね。

投稿: kaf | 2009年6月17日 (水) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/202304/30096957

この記事へのトラックバック一覧です: ソレノイドバルブ:

« 黒いビニール袋 | トップページ | キャニスターボックス »