« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

バッテリー問題の続き

現在の話に戻ります。

火曜以来、車に乗るのは5日ぶりです。

まずはバッテリーの電圧を測ってみました。

12Vありました。エンジンは普通にかかりました。

今日は妻に手伝ってもらって、ライトを点けたり、

アクセルをふかしたり。集合住宅なので、迷惑になるので

長時間はやりませんでしたが、

電圧は安定しているように見えました。12~13V程度のようです。

この状態をどう考えるか・・・。

なんとなくは大丈夫そうですが、

いつエンジンがかからなくなるかと考えると

不安で乗る気になれないと妻は言います。当然ですが。

もう少し様子見になりそうです。

Cimg0072

今日は、結構長いことアイドリングの発作が出ました。

最近、また時々症状が出るようになりました。

発作の間は街行く人々が振り返るような

物凄い音がしていますが、

だいたい10分も乗れば正常なアイドリングに戻ります。

その時は、「おっ、彼は正気に戻った」などと言っています。

| コメント (6) | トラックバック (0)

オルタネータの思い出

今日はビートルと関係ない、

まだ国産車に乗っていた頃の思い出話です。

その頃の私は今とは全然違う路線でスプリンタートレノ

いわゆるハチロクトレノに乗っていました。

20060806223023

ある日、車に乗ろうとして借りていた月極駐車場に行ってみると、

トレノのドアが開いていました。

スターターを回してもエンジンは回りません。

ドアを閉め忘れて、室内灯のせいでバッテリーが上がったようです。

仕方ない。その日は諦めて帰りました。

 後日、姉の車を借りて駐車場にやってきました。

ジャンプしてエンジンをかけようとしたわけですが、

よく見るとボンネットも少し開いているではないですか、

その辺りには車のパーツがたくさん落ちています。

ようやく、単なるドアの閉め忘れではない事に気付きました。

ドアが開いていた時点で気付きそうなものですが・・・。

 近くにトヨタの販売店があったので、来てもらたのですが、

そのトヨタの人はエンジンルームをさっと見て、

「オルタネータがありません、切り取られています」と言いました。

トレノの場合、オルタは結構下の方にあるのですが、

そこに至るまでのパーツがその辺りに

放り投げられていたわけです。

 トヨタの人はオルタの新品は7万円だと言うので、

近くの中古パーツ屋を巡って7000円くらいで買ってきました。

今よりさらに頼りない当時の私が、自分で取り付けたので、

始動時はファンベルトが物凄い音で鳴っていたのを覚えています。

そのままの状態で半年程乗り、結局トレノは売却しました。

どっちみち、もう換えるつもりだったのです。

これらの話を会社の先輩にした際、彼の言った言葉が印象的でした。

「すごく高い知識と、すごく低いモラルを兼ね揃えた犯人だね」

| コメント (2) | トラックバック (0)

電圧計測

ガンガンさんにアドバイス頂きまして、

バッテリーの電圧計測をやってみました。

現在のバッテリーの状態ですが、

昨日書きましたように部屋でチャージしまして、

夜片道20分程の距離まで、ドライブして、

カフェでお茶して戻ってきました。

それから一晩過ぎた状態です。

エンジンはかかりました。

Cimg0062

上の写真。まず、エンジンをかける前。ほぼ12Vちょうど。

Cimg0063

下はエンジン始動してオルタが動き出したところ、13Vくらい。

さて、これから何がわかるのでしょうか?

こちらのページによると、

ビートルでは、10Vくらいまではエンジンがかかるとか

部屋でフルチャージしたばかりで12Vというのは、

ちょっと低めなのでしょうか。

とりあえず予備のバッテリーを用意しておこうと思っています。

| コメント (6) | トラックバック (0)

バッテリー

バッテリーについては、このブログを始めた当初

こんな記事を書いてますが、その後はさすがに換えていません。

調べてみたら、買ったのは2006年5月。

2年と5ヶ月ですか、まだまだ平気な気がするなぁ。

最近は妻もよく乗るので、

週のうち半分はエンジンをかけていたと思います。

Cimg0050

それでですね、友人から以下のようなものを借りてきました。

Cimg0055

充電器ですね。

Cimg0056

部屋の中で、充電しました。

充電完了まで、かなり長いことかかりました。

で、チャージしたバッテリーを車に戻し、

エンジンをかけました。かかりました。

この状態でバッテリーのマイナス側を外します。

これでエンストしたらオルタネータのせいだと読んだのです。

やってみました。

・・・エンジンは回ったままです。

つまりオルタはシロってこと?

やはりバッテリーなんでしょうか?

イメージ的には5年くらいは持って欲しいですが、

そんなもんなのでしょうか。

| コメント (5) | トラックバック (0)

パワーダウン

随分お久しぶりです。すみません。

このところ、特に何もしてませんでした。

ガス欠後、一時エンジンの調子が悪かったですが、

その後は復調し、最近は問題ありませんでした。

しかし、火曜日に異変が起きたのです。

 知り合いの家から帰ろうとして、

突然エンジンがかからなくなりました。

バッテリーが力ない感じです。

その場は、知人の車にバッテリーを接続してもらって

発車しましたが、その晩は実家に行く用事があったので

そこから30分程走りました。

その間も、イルミ類のライトが点滅したり、

ワイパーの動きがぎこちなかったり、不穏な様子でした。

Cimg0045

実家から戻る際も、当然エンジンはかからず、

姉の車に繋いでもらい発車しましたが、

真夜中だったので、止まったら洒落にならんと思って

なるべくヘッドライトを点けずに走って戻ってきました。

なんとか辿りつきましたが、結構緊張しました。

バッテリー買ってから、たいして経ってないんですよね。

オルタネータが怪しいのかもと思ってます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »