« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

立ち往生

最近、写真撮ってなくて、これは7年位前のメキシコ人です。

今日の本文とは関係ありません。

Dscf0374

さて、昨日の続きなんですが、妻に電話したところ

カインズなんとかの駐車場で帰ろうとして走り出したら、

すぐにエンストして、それからエンジンがからなくなったそうです。

キーを回すとキュルキュルはいうと・・・。

何かなーと思ったのですが、

燃料入ってる? と聞くと、針が全く見えないとの返答でした。

ガス欠ですね。

結局、JAFを呼んだら10リットルのガソリンを

持ってきてくれたそうで、事無きを得たようです。

 JAFを待っている時間が結構あったそうなのですが、

年配の男性が「いい車乗ってるねぇ、これアナタの車?」

と話しかけてきて、

「今の車はみんな同じで、こういう残っていくデザインの

車は貴重だ」とビートルを絶賛してくれたそうです。

暫く立ち話したそうですが、その男性、

「せっかくいい車乗ってるんだから、もっとキレイに乗った方がいい」

とも言ってたそうです。アイタタタ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

メール再び

また、仕事中に妻からメールが来ました。

Cimg0003

最近、話題が乏しいのを見越したネタの神のイタズラでしょうか。

| コメント (2) | トラックバック (0)

塗装の値段

というわけでですね。

ショップに持って行って再塗装の値段を聞いてみました。

Cimg9821

○VW専門店
ボンネット6万
フェンダー4万
一緒だと8万とか

というような値段だそうです。

安いのか高いのかよくわからないので、

Googol map を自動車、塗装、で検索して、

引っかかった店にも見せてきました。

○A社
ボンネット7万
オールペン80万とか、リトスアになると言われる。

○B社
ボンネット7万
フェンダーもだと10万
オールペン40~50万

○C社
ボンネット7万
フェンダーもだと10万
5000円くらいなら引けるかも
オールペン35~40万 外部のみ
内側もやると50万とか

VW専門店が最も安いですね。

他もあまり変わらないので、

だいたい相場はこの位なのでしょう。

オールペンはどこまでやるかによって、

価格はだいぶ違いそうですね。

ボンネットですが、

どの店も、一度剥がしてから塗ることになると言っていました。

塗装は、中古で格安というわけにもいかず、

この値段に逃げ道はなさそうです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

スリットの内側

リクエストありました、スリットの下はどうなってるか

という話ですが、写真を撮ってみました。

中敷はこのようにボロボロで、ほとんど機能していませんね。

画面上側が運転席ですので、

ちょうど穴の下あたりは傷みが激しいです。

Cimg9962

それをどけるとこんな感じ。

Cimg9963

穴の近くにはカーナビのハーネス類がだらだらとしています。

これはどう考えてもよろしくないですね。

また、タンクに結構サビが出てますね。

水が溜まってサビたのでしょうね。

普段、トランクには工具類くらいしか入ってないのですが、

気付いてしまったからには、

放置しておくのは得策ではありますまい。

ドイツ製高年式のビートルには、スリットが空いていて

水が入るのを防止する何かが内側についているらしいですが、

F4のカタログにはそれらしいものを見つけられませんでした。

どんな形状のものなんでしょう?

ご存知の方いらしたら、教えて頂けると幸いです。

また、中敷も買うと高いんですよねぇ。

ダンボールで工作しようかな。

追記

フレッシュエアーコントロールBOXの写真を追加しました。

0411vwt_super01_z

ここに詳しく出ていました。

| コメント (5) | トラックバック (0)

塗装の状態

ボンネットが純正ではない事実が判明しましたが、

その塗装がどうなっているのかを

今日は恥ずかしながら公開してしまいます。

Cimg9816

Cimg9817

Cimg9818

Cimg9820

クリックすると拡大します。

中心に近いところから剥がれ始めました。

そうですね、買って1~2年くらいで

もう剥がれてきました。

さすがにその時はショックでしたね。

Cimg9822

ボンネット以外はほぼ大丈夫なのですが、

唯一、左側のフェンダーは、このようになっています。

これから剥がれて来るのでしょうか?

再塗装を検討し始めたのですが、

ボンネットだけ塗れば良い話なのかどうか、

見極めが難しいのです。

| コメント (6) | トラックバック (0)

フロントフッドの謎は深い

別件でショップに行ったので、

例のフロントフッドに関して、ちょっと聞いてきました。

空気穴のスリットがある場合、

普通は内側に雨を受けるプラの何かがついている

らしいのですが、私の車にはないので、

やはり後からフロントフッドだけ交換したようだ

とのことでした。

また、事故車の場合、トランクを開けて左右のフェンダーに

皺が出来るのですが、私の車にはそれはないので

大きな事故でフロントフッドを交換した可能性は

低そうだということでした。

Cimg9809

じゃあ、何のために換えたのかなぁ?

10円玉でギギッとやられたとか?

きっとこの謎は永久に解決しないでしょう。

| コメント (2) | トラックバック (0)

これは何?

もうちょっと前の話になりますが、

8/17のブログで、確認後に書くといった話です。

磐梯山の見晴らし台に出る時にですね、

段差があったんですね。

それに気付かず車体の下部をしたたか打ちました。

ガチッという大きな音がしたわけです。

慌てて下車して確認したところ、

段差のところに、このパーツが落ちてました。

えっ、これビートルから落ちたの?

Cimg9813

Cimg9814

Cimg9815

マフラーの先端のようにも思えたのですが、

その場では、何だかわからなかったので、

一応、持って帰ってきたわけです。

 東京に帰ってきてから、もう少し検討したのですが、

結局、よくわかりませんでした。

 同じ場所で同じミスをした別の車のマフラーの一部と

結論を下したのですが、正しいですかね?

何か気付いた方いらしたら、教えてください。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »