« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

錆び落としのケミカルを検討する

さすがにペーパーだけでは厳しいと思うので、

錆び落としのケミカルを購入しようと思います。

 鉄の錆びにはリン酸系が良いみたいですね。

鉄が酸化すると錆びるのでしょうが、

リン酸系の錆び落としを使うと、

錆が剥がれた鉄の表面にリン酸皮膜というのが出来て

空気から守ってくれるとか、

この辺りの記事を参考にしました。

 サンポールを使って低コストでで錆取りというような記事が

検索するとよく引っかかりますが、

サンポールは塩酸なので鉄を傷めるのと、

皮膜が出来ないのですぐ錆びるそうです。

 で、以下リン酸系錆び取り剤です。

C076209_2 

呉工業の強力サビ取り剤 CRC ラストリムーバー

420ml 楽天で最安価格 \784

ちょっと昔は錆び取りと言えばこれが有名だった気がします。

Img22076856

花咲G ラストリムーバー 
300ml 楽天で最安価格 \2500

高いですが、よく落ちるというネット上の噂。

すごくたくさん検索に引っかかります。

これを買わないといけない位の勢いを感じます。

本当なんでしょうか。

Mh124_2

ホルツ ラストリムーバー ラストリムーバーMH124
70g 楽天で最安価格 \620

ゼリー状なので、垂直面に良いのだとか。

 まあ、この辺りから選ぼうかと思っています。

来週末にはやりたい。

 

 あと、ビートルのホイールキャップの錆び落としと言えば

こちらのページ

私がビートルを買った2000年頃に、

もうこの記事を見た気がします。

99工房の Rust dissolver というのはもう売ってないのですかね

検索しても見つかりませんでした。

追記、失礼。カインズなんとかで売ってました。

さび止めとセットで\1200円くらいでした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

錆びの状況ホイール編

兼ねてから懸案の錆び対策について

考える時期が来たようです。

まずは現状の説明から。

ビートル君の足元の錆び状況ですが、

Cimg0155

これが左うしろ足

Cimg0156

右うしろ足

Cimg0157

右前足

Cimg0158

左前足、なぜかこれだけあまり錆びてないです。

ちなみに1997年式です。

そう言うと大抵の人は驚きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

錆が気になる

どうも後ろからの写真が多いので、

たまには顔の写っている写真を載せます。

Cimg0098a

誰でも欠点は隠したいものでしょうが、

塗装が剥げてるのと、さびが酷いのが気になるんですよね。

そろそろ錆と向き合わないといけない時期かもしれません。

| コメント (8) | トラックバック (0)

ブレーキランプが切れていた話のつづき

車検を出す日にブレーキランプが両方切れていたと書きましたが、

車検後に聞いたところ電球は切れていなかったそうです。

つまり接触不良らしい。

これはとても恐ろしい話で、また起きる可能性を含んでいる

かもしれないわけです。

電球は替えてくれたらしいので、

ウインカーのように電球内部の断線ならいいけど。

 マンションの駐車場、停車の定位置から下がると、

廊下の手すりがあって、硝子が入っています。

 気になるので、最近は出発の前にギリギリまで下がって

ブレーキを踏み、ライトが硝子に反射するのを確認していますが、

そのうち、こんなことはやらなくなるでしょうね。

Cimg0089

これが、小判テール。あれ、ネジが左右違いますね。

Cimg0088

開けてみました。

酷い錆ですね。

店の方が中の板を替えた方がいいと言っていたのです。

確かに替えた方が良さそうですね。

| コメント (4) | トラックバック (0)

ウインカーが点かないの続き

昨日の続きです。

ビートルのウインカーバルブを替えるのは初めてです。

近くのなんとかスタンドに行ってですね、

同じサイズのバルブを買って、

店の駐車場で付けようとしたわけです。

Cimg0094

そしたらですね。

穴に入らないのですよ。何でかと言うと、下の丸印の部分

出っ張りが150度なんです。ちなみに穴は180度。

Cimg0096_3 

なんてこった。

なんとかスタンドにオレンジのブルブはこれだけだったので、

次は、なんとかバックスに行ったのですが、同じでした。

 私はここで悟りました。そういうことかと。

なぜ、初めてウインカーバルブを替えると自信を持って

言えたかというと、切れたヤツはオレンジではなくて、

透明なのです。それをペンで塗ってあったのです。

これは8年前に車を買った時からそうでした。

ペンで塗ると暫くは大丈夫なのですが、

徐々に色が落ちてきます。

車検を自分で持っていった時にこれでは通せないと

言われて、買ったオレンジのペンが下です。

要するに、180度のオレンジのヤツはその辺りでは

あまり売っていないということなんですね。

Cimg0092

というわけで、私も前オーナーと同様に透明のバルブを買って、

マジックで塗りました。

取り付けたら無事光りました。

電球内部の断線だったのかもしれません。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ウインカーが点かない

車検で車を引き取りに行って、走り出そうとしたら

ウインカーがカチカチカチって高速に鳴って、

これはライトが切れている時の症状だと知ってましたが、

その日はそのまま帰ったのです。

Cimg0090_10

たまに点くので電球が切れているわけではないのです。

接触不良ですね。点くかどうかは運次第という感じ。

しかしこういう状態で乗るのはストレスがかかるので、

直そうと思い、いじくっていたら、

Cimg0091_2

この電球は、二度と点かないようになりました・・・。

引っ張るような話でもないのですが、

今日はこのくらいで。

| コメント (0) | トラックバック (0)

今回の車検

続きです。というわけで

今回は違うショップに出したのです。

Cimg0056_2

今回も大きな交換はないです。

ディスクパットを片側だけ交換したようです。

\125,000 と値段的には安くなりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

前回の車検

2年前の車検の明細です。

とくに大きな部品交換はしていないようです。

Cimg0055

\150350という額はどうなんでしょうか?

ちょっと高い気もしますね。

この時、車検を出してから、どうも

このショップは休みがちだったんですが、

どうやら店を閉めてしまったようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

オイル漏れも解決

あとオイル漏れについてですが、

やはりスイングアクスルのオイルシール交換で

このオイル漏れは治ったそうです。

ドラムの中に漏れるとシューが濡れて危ないので、

外側に漏れる仕組みなんだそうですね。

知りませんでした。

Cimg0062

私が1年前にやっったのが、うまくいってなかったようです。

これは何度かやらないと、なかなかうまく行きませんねと

ショップの方は言ってくれましたが、情けないですな。

次はうまくやりたいものです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

異音解決

火曜に車検が終わったとの連絡をもらってたのですが

なかなか暇が作れず、ようやく昨日メキシコ人を

迎えに行ってきました。

Cimg0057

例の異音の話ですが、ショップの人曰く、

①サイドブレーキが緩くなっていたので、

バネの部分がドラム内に当たって音がしていた。

②ドラムのはめ込みが緩かった

 どっちかじゃないかとのこと。

②については、私も一度疑っていて一度目にドラムを外した時に

ゴムハンマーでかなり強く打ち込んだのですが、

その後も鳴ってましたので、違うような気がします。

なので①ではないかと思います。

 サイドブレーキのばね・・・。 言われると簡単な事ですが、

妙な音がすると、つい何か大変な事態が進行しているのでは、

と考えてしまいます。ビビリすぎですかね?

 今日は天気も良く、ドライブ日和でした。

異音もせず、ノートラブルでのドライブというのは、

精神的にも大変よろしいのです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »