« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

とりあえず直る

ショップで見てもらったところ、クラッチワイヤーが弛んでないので

これはワイヤーではないのでは、という話になりました。

クラッチ事態の問題だとすると、エンジンを下ろさないといけないので

10万円コースだそうです。しかも、メキの場合、エアコンを外さないと

エンジンが下ろせないので、せっかく入れたガスも真空引きしないと

いけないとか云々。

 うーんまいった、と思ったのですが、結論としては、

外部から見えない部分でクラッチワイヤーがほつれていて、

それが原因でした。

アクセルケーブルも換えて工賃と部品代で17800円也。

また普通に乗れるようになったので、とりあえずは良かったです。

 しかし、ショップの方曰く、ケーブルの引っ張られる角度で、

もうクラッチが減ってるのがわかるそうなので、そう遠くなく

クラッチ交換の時期は来るそうです。

Cimg7468

この写真は私の車のではないです。

4万~5万kmが目安とのこと。私の車は現在3万9000kmくらいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

牽引

私はJAFの会員になってまして、

会費を年間4000円だか払っているのですが、

JAFのサービスを一度も使ったことなかったですね。

JAFはAAAと提携しているので、

アメリカに旅行に行った時、AAAの地図を無料でもらったり、

モーテルのAAAディスカウントなどには役立ってましたが。

 調べると5kmまでは、JAFのサービスで無料で牽引して

もらえるとのこと。(ちなみに5km以上は1kmあたり600円)

家からショップまでは5km以内なので、

今回はお願いしてしまいました。

Cimg7465

下の写真は牽引車のナビに写った、

引きずられて行くドイツ系メキシコ人の姿です。

Cimg7466

| コメント (0) | トラックバック (0)

修理してもらうことにしたのだ

結局ですね、修理依頼してしまいました。

クラッチとアクセルケーブルを取り寄せてもらっていて

準備でき次第持って行くことになりました。

Cimg7440

どうやって運ぼうかと思っていまして、クラッチケーブルが

問題だとして、ブチっと切れたら、ギアチェンジ出来なくなります

からね、厳密には出来るんでしょうが、あまり自信ないですし。

検討中です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

クラッチケーブル

写真を撮ってみました。クラッチケーブルというのは、

ペダルの次は、左リアのブーツの上部のあたりまで

中を通ってて見えないんですね。タイヤを外してないので

写真を撮るのでさえ一苦労でした。

あまりよくわからないですが、

ボロボロという感じでもない気がしました。

Cimg7406

Cimg7418

クラッチケーブルの交換は、

こちらとか、こちらに参考記事を見つけました。

もう二度とやらん。というフレーズがとても印象的です。

相当大変と見ました。きっとやらないです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

クラッチケーブルが怪しい?

昨日の続きです。

ギアの入りが悪くなって暫くしてから思い出したのですが、

ギアが入らなかった土曜の前に車に乗ったのは、火曜

だったと思いますが、帰り道、家の最も手前の信号のあたりで、

クラッチを踏んだ時、一度だけ感触が妙だったのです。

カチっと何かのスイッチが入ったかのような。その後

すぐに家に着いてしまったし、気づいた事もなかったので

忘れていました。

Cimg7365_2

車に詳しい友人に聞いてみましたところ、

クラッチケーブルが怪しいという結論になりました。

そのカチっというのは、痛んだケーブルが緩んだ音で、結果

クラッチが切れづらくなっているのという予想ですが、

どうなんでしょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ギアが入らなくなったのだ

土曜日のことです。

走り出して、ローギアがとても入りづらい事に気づきました。

調整したシフターがまた狂ったかと思いながら、目的地を

目指しました。信号で止まる度にイライラするほど、ローギアの

入りが悪く、ニュートラルからセカンドに入れて、そのままの位置で

前に突き出してローに入れるなんて事もしてました。

そして、なんとか目的地に着きまして、帰る前にはシフターの

調整を試みたのですが、

エンジンを切ってる時は、どのギアもちゃんと入るのです。

なんかこれは違うなと気づき始めました。

Cimg7284

走ると、全てのギアの入りが前より悪くなっています。

特にローが入らない気がしました。この状態で運転するのは

本当につらいのですが、なんとかくたくたになって帰宅しました。

さて、何が起きたのでしょうか?

わかる人にはわかるんでしょうね。

続きは明日書きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドアを閉める時の異音

ドアを閉める時に異音がすると書きましたが、

ドアの下部のラバーと、ランニングボードが擦れてますね。

ドアが軽くなって、そっと閉めるようになったので、

音に気づくようになったということのようです。

Cimg7349

Cimg7351

上が運転席、下が助手席なんですが、ドアとライニングボードの

距離が随分違いました。(この写真ではわかり辛いですが)

ジャッキアップで歪んでしまったのでしょうか?

とりあえず対策も思いつかないので、暫くこのままの予定です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドアヒンジへの給油

ドアが重くなった対策として、油を差してみました。

まずオイラーを買ってきました。160円。

中身は、エンジンオイルを入れました。

 ドアを全開にすると、ドアヒンジの裏に給油用の切り込み

があると、トミー毛塚氏の本に書いてあったのですが、

見つからないですね。下側のヒンジは、写真のようにして

給油しましたが、上側はミラーが付いてるので結局

できませんでした。普通、どうするのでしょうか?

070909_13510001

で、効果ですが、朝やって、即効性はなかったものの、

夜には結構ドアが軽く開くようになってました。効果あったようです。

ただし、ドアを閉めるときにギギって音がするようになりました。

これがやや気がかりなんですが・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

カシの木とビートル

今週は、妻がデジカメを持って出かけているので、作業できません。

なんて事もないのですが、多忙ということで、お許しを。

Cimg7170

写真は妻の実家の敷地内にある樫の木、市で一番太い樫だそうです。

市の指定文化財になっているのです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

やりすぎ

昨晩、ちょっと出かけたのですが、凄まじい集中豪雨でした。

怖かったですね。もう台風の影響でしょうか。

Cimg6784

調整したシフターはどうかというと、

セカンドに入れようとして、2度ほどリバースに蹴られました。

これではダメです。

怖くてサード→セカンドにギアチェンジはできなくなりました。

再調整します。

| コメント (4) | トラックバック (0)

ドアが重い

最近の不調箇所として、ドアが重くなりました。

助手席側はチャッと閉まるのですが、運転席側は、

結構チカラを入れないと閉まらないです。

写真はヒンジのところ、今まで気にした事もなかったんですが、

何か粘着質なものが剥がれた後がありますね。

ちょっとわかりませんが、これはあまり関係ない気がします。

Cimg7314

トミー毛塚氏の本には、ヒンジへの給油は3ヶ月に一度と

書いてあります。・・・そうなんだ。

当然のように、私は一度もやったことないです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

シフター調整のつづき

で、ダイソーで、10mmのスパナを買ってきて、結構

きつめに締めてみました。バックは入りやすくなったけど、

ロー、セカンドの感覚が微妙に変わったみたい。

暫く、これで様子見ます。

Cimg7313

| コメント (0) | トラックバック (0)

またシフター調整

アイドルアップはどうなったのかには触れず別の話題です。

・・・すっかり夏終った感じですね。

 先日、仕事中に妻から電話があり、

どうしてもバックギアが入らないとのこと。

これ以上前に出ると(セカンドに入るとという意味)

他の車にぶつかると怒りと困惑に満ちた様子でした。

その場は、なんとか収まったのですが、

妻の評判を気にする私しては、よろしくない状態です。

この件は、以前にも書いたのですが、

調整しても、暫くするとまた入りにくくなってしまいます。

締め方が緩いんですかね。

↓これなんですが。(クリックで拡大)

Cimg7305

モンキー二本でやってましたが、やりづらいので

100mmのスパナを買ってこようと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »