« ドラムを開けてみよう | トップページ | オイルシール交換 »

ドラム内のパーツを外す

続きです。

ミッションオイルだらけの右リヤドラム内のパーツを外します。

まず、ブレーキシューを繋いでいる下側のスプリングを外します。

上側は外しません。

Cimg6540

次にサイドブレーキから繋がってるケーブルを

ブレーキシューから外します。

Cimg6541

ブレーキシューを固定しているスプリングを、外します。

これは2枚とも外します。

Cimg6542

すると、ブレーキシューが左右両方とも一緒に外れます。

Cimg6543

ドラム内、上部のホイルシリンダーは、

ばらすとブレーキラインに空気が入るので大変です。

Cimg6544

ブレーキ用のクリーナーで外したブレーキシューなども洗浄しました。

本当はクレのブレークリーンを買いに行ったのですが、

こちらの方が安かったのです。

さらに続きます。

« ドラムを開けてみよう | トップページ | オイルシール交換 »

02.オイル交換とか」カテゴリの記事

06.タイヤとかブレーキとか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/202304/6323999

この記事へのトラックバック一覧です: ドラム内のパーツを外す:

« ドラムを開けてみよう | トップページ | オイルシール交換 »