« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

何を直したいかというと その⑧

 久しぶりに直したいシリーズですが、

購入時にですね、BUBUの店員さんが、

「ナンバーですけど、このまま光るナンバーでいいですよね」

と言いました。

何も考えてなかった私は、「はぁ」とか、了解してしまったのです。

日本人的習性とでもいいましょうか。

妻は、「この車で光るナンバーはないだろう」、と言います。

確かに、そうかも。

ということで、そのうち変えたいなぁと思っています。

Cimg6144

| コメント (0) | トラックバック (0)

まだ解決しないミラー問題

さて、昔話はこのくらいにして、現実に目を向けていきます。

2/8の記事で、一見、解決したように思えた

サイドミラーに関する問題ですが、

新たな問題が発生しました。

ラジオ用アンテナとぶつかるために、助手席のドアを開く度に

ミラーの位置が狂ってしまうのです。

Cimg6151

仕方ないので、アンテナを固定している部品から外して

前の方に向けました。

Cimg6152

とりあえず、これで様子を見ます。

他の人のメキビーのページとか見ると、この位置にアンテナがない

ようにも見えるのですが、そんな事ないですかね?

| コメント (0) | トラックバック (1)

続々々、ドイツ系メキシコ人が家に来る話

買った時の話の続きですが、環八にあるBUBUから多摩地区までは

それなりに距離があります。初めて乗って、まず違和感を感じたのは

ペダルです。通常の国産車は、ペダルが上から生えてますが、

ビートルは下から出ています。踏んだ時の向きが違うというのかな、

やや慣れるのに時間がかかりました。

あとメキビーはみんな左ハンドルですから、車幅とかわからなくて

最初は怖かったですね。

シフトのぐにゃぐにゃした感じも最初はやや違和感ありました。

そんな様々な不安はありましたが、ビートルに乗って街を走る嬉しさは

格別でしたね。

そのようにして、2000年6月、我が家にビートルがやってきたのでした。

Cimg6145_1

| コメント (0) | トラックバック (0)

続々、ドイツ系メキシコ人が家に来る話

 なかなか家にビートルがやって来ませんので、話を進めます。

 そうこうするうちに、2000年になりまして、相変わらずミニに

乗っていたのですね。そのうちメキビーを買うというのはほぼ決めていて、

友人にも探しているとか言っていた気がします。でもあまり真剣に

探してはいませんでした。

 或る日、BUBUのページをチェックすると不思議な色のビートルが

出ていました。シルバーと書いてありましたが、あまり

シルバーには見えませんでした。ちょっと、見に行くことにしました。

 約1年ぶりにBUBUを訪れると、前回と同じ店員さんが応対してくれました。

またしても悩みました。何を悩んだかというと色です。

銀というよりも金に近いような色でした。

メタリック車を買うつもりはなかったのですが、

そんなに悪くないなと思いました。

そして、店員さんに購入する旨を伝えました。

もう待つのが面倒になったというのもあるでしょう。

 8300411

2000年5月13日付で、購入時の見積りが残っています。

車体が148万、車検切れしていたので、車検を通してもらい、

気になるキズ数箇所は直してもらいました。

ヘッドライトのアイブローは、この時につけました。眠そうな感じを出したかったので。

総額の支払いが\1796120でした。

| コメント (0) | トラックバック (1)

メキビーのカラバリ

ここまで書いてふと思ったんですが、

メキビーって何色が多いんですかね?

1999年のオートトレーディングセンターのカタログによると、

ホワイト、ブラック、レッド、ネイビーメタリック、シルバーメタリック、

グリーンメタリックの6色が売られていますが、他の色も見かけるわけで、

時期によって作られてた色が違うのかな?

ちょっとカーセンサーを見てみました。色と年式を列挙すると、

2004 白
2004 白
2001 銀
2000 白
2000 白
1996 黄
1997 黒
2003 赤
2001 銀
1996 薄茶
2002 黒
2000 白
1996 紺
1997 紺
1998 金M
1996 黒
1997 白
1998 白
1997 薄茶
1999 紺M
1996 緑
1994 赤
2000 白
2001 緑
1998 黒
2000 銀
1996 薄茶
1997 白
2003 灰
1996 赤
2000 赤
1998 白
1999 黒
1997 金
1998 赤
1996 白
1998 黒
1996 白
1992 白

まず、こんなに弾数があるのに驚きました。

これを見ると白が多いですね。

N081006809l

↑当時、この色が欲しかったんですよね。薄茶(ベージュ)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

続、ドイツ系メキシコ人が家に来る話

その後、オートトレーディングセンターから

白のビンテージが出てきたと手紙をもらいました。

その見積が残っていて、96年式で車体168万、総額190万と

あります。日付は1999年7月19日になっています。

見に行った記憶もないので、高いということで終わりだったの

でしょうね。

 当時、カーセンサーを見るといつもメキビーが2,3台見つかりました。

Cimg6130

BUBU EIGHT店が多かったです。BUBUというのは光岡自動車の

販売店だと思うのですが、輸入もやってたのかな、

よくわかりません。とりあえず一度行って見ました。

 店頭には2台中古のメキビーが展示してありました。

赤のビッグテールと、96年式で紫色のビンテージがありました。

紫は見積が残っています。車体168万、総額191万となっています。

一時間程悩んだ挙句止めて帰りました。

金額もありますが、色がね、気に入らなかったのですね。

いい色が出てきたら連絡ください、と言って帰ったのですが、

その後、電話はきませんでした。

私の優柔不断さに、店員さんが連絡先を破り捨てたのかもしれません。

| コメント (0) | トラックバック (2)

ドイツ系メキシコ人が家に来る話

ちょっと思い出して、購入時の話を記しておきます。

1999年頃、私は1986年製のミニメイフェアに乗っていました。

気に入っていたのですが、故障の多さとか、また個人的に

生活を変えたいと思ってた事もあり、新しい車を考えるように

なりました。真っ先に思い浮かんだのがビートルでした。

 まずは何軒かビートルを扱っているショップを見て回りました。

そこで、昨日書いたように、ビンテージ、ビッグテールのどっちを

買うのかという選択をしなければならなくなります。ビンテージの方が

いいのですが、メンテナンスに対する不安がありました。

 メキシコでビートルがまだ作られている(当時)のは知っていた

と思います。それをビンテージに改造したものを並行輸入している

会社がある事をVW関係の雑誌の広告で見ました。

オートトレーディングセンターという会社でした。

 ある日、目黒にあるその店に行ってみました。店内にはまだ

日本で発売されていない並行輸入のニュービートルがあり、

その横にベージュでビンテージのビートルがありました。

いいと思いましたね。これだと思いました。

しかし高かったのです、車体価格\1716000でしたが、

全部込みで230万以上したと思います。

うーん。と唸って帰りました。写真はその時もらったカタログです。

Cimg6128

この話まだ続きます。

| コメント (0) | トラックバック (1)

小判テール、アイロンテール、ビッグテール

私は東京の国立というところで育ったのですが、

街の真ん中に一橋大学があります。

子供の頃、大学にたくさんのビートルが停まっていたのを

覚えています。そのたくさんあったビートルのテールランプの

大きさが異なったのも覚えています。大体半分くらいが

ビックテールでした。ロクナナやマルサンやもっと古いヤツも

混ざっていたのでしょう。小さいテールランプの車の中には

ヘッドライトの形が違うのがある事も気づきました。

そっちの方がカッコいいと思ったのも覚えています。

Cimg6120

そんなわけで、私のビートルは、小判型の小さいテールランプです。

前の方の記事にある全体の写真を見て頂ければわかりますが、

ビンテージルック(6Vルック)になっています。外装だけですが、

60年代前半のレプリカですね。

メキビーのビンテージは、やや軽く見られる場合があるようです。

確かに、本当のビンテージに乗ってる方から見ればニセモノ

ですものね。でも、70年代の高年式ビックテールをビンテージに

改造している例も多いので、それはあまり変わらない気もしますね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ルームミラーが落ちる話

2年ほど前でしょうか、ある日車に乗ってみると

ルームミラーがありませんでした。床に落ちてました。

この事例もメキシコビートル専用スレッドで見つけました。

そういうものらしいです。

Cimg6121

サイドミラーがほとんど見えなかったのは前述の通りで、

あまりに不便でしたので、車検の時にショップで着けてもらいました。

何ですかね、この赤いマジックのようなヤツは、

結構、愛のない付けられ方をしているようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリーの話

セカンドカー時代は何しろ乗る回数が少なかったので、

バッテリーはすぐダメにしてましたね。6月でビートル買って7年ですが、

そうだな3回は買った気がする。

Cimg4919

当然、オートバックスに行って、「メキシコ製ビートルのバッテリー下さい」

と言ってみても、店員をオロオロさせるだけなので、

通常バッテリーはショップで買う事になりますが、ネットでも買えます。

前回は、こちらで購入しました。バスケスさん。

送料も安いのでいいかも。

下記は買った時の記録です。

◆ご注文の商品について
・ご注文の商品:『 Brite Star Battery SMF 562-20 計1個 』
・お支払い方法:『 銀行振込(5/23日領収済) 』
・お支払い金額:『 \ 12,600 』本体\12,000+税\ 600

| コメント (0) | トラックバック (0)

ステアリングダンパー

「車、何に乗ってるんですか」、とか聞かれると、

「昔のビートル、ニュービートルじゃないよ」とか答えるのですが、

すると、「へぇ、メンテナンスとかお金かかるでしょう」

などとよく言われます。

買って6~7年ですが、そんなに修理した記憶はありません。

しかし昨年、この部分が壊れました。今日はその話です。

Cimg6100

これって何だかわかりますか? ってタイトルに書いてありますが、

ステアリングダンパーです。

このブログをある程度読まれている方には、私がビートルの構造に

あまり詳しくないことがバレているかと思いますが、ビートルは

古い設計の車なので、足回りの振動を抑えるために、

ステアリングダンパーが入っているようです。全然知りませんでした。

深夜、新奥多摩街道を50kmくらいで巡航していたところ、

工事で路面がデコボコな部分があり、そこに入った瞬間、ハンドルが

強く振動して、かなり危ない状態になりました。

普通の路面に戻ると、その振動は治まったのですが、

それ以来微妙にハンドリングが変わってしまいました。

調べたところ、ステアリングダンパーのオイル漏れだったようです。

このような事例は、CBAさんのメキシコビートル専用スレッド

このあたりにも出ています。

ハンドル関係は安全性に直結しますので、気をつけたいですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

続、ミラーを交換したのだ

昨日の続きです。前から見たところ。

変更前

Cimg6096

変更後

Cimg6098

横から撮った方がわかりやすかったかもしれませんが、

新しいミラーは前に出てるんですよね。なのでピラーに隠れません。

ミラーについては、全く諦めていただけに、なぁんだ

という感じもします。ビートルのオーナーの方で、不便を感じている

方は、試されては如何でしょうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ミラーを交換したのだ

変更前

ピラーの右側にちらっと、あるんだかないんだか、

わからないのがミラーです。

Cimg6095

変更後

おおお、はっきりミラーがあるのがわかるぜ。

Cimg6097

問題なのは、この数年で全く右のサイドミラーを見る習慣が

なくなってしまった事ですかね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

続、ヒューズボックス覚書

1月27日のブログで、マニュアルにあるヒューズボックスの

配線の和訳を書き留めたわけですが、

ヒューズボックスの写真を撮ってみました。

Cimg6018

クーラーの裏にあるので、手を突っ込んでシャッターを押したのですが、

これを見ると9番だけ、赤(16A)ですね。マニュアルとは違うようです。

前のオーナーが換えたのかなぁ?

またはメキシコ製のマニュアルだから、結構いい加減なのかもしれません。

追記 2007/02/18

テスターを当てて見ました。

12Vが常に来ているのは、7,8,9

スターターを回すと12Vが来るのは 10,11,12

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヒンジミラー購入

2月の声を聞いた途端に更新が止まってしまったこのブログ。

今後は、細々と更新して行きますので、たまにお付き合いください。

 さて、何を直したいかというと その①で書きましたサイドミラー

対策として、FLAT4 製ヒンジミラーを購入しました。(BD-712+BD-715)

後方視界がかなり改善されると思います。

Cimg6089

Cimg6090

さて、取り付けですが、明日は青梅マラソンなんで、来週かな~。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »